第1条(目的)

この規程は、当社内で使用する社用印章の調製、登録、交付、保管、使用及び廃棄に関する事項について定め、当社において印章の管理を確実に行うことを目的とする。

第2条(印章の定義)

社用印章とは、当社が発行または受理する文書、証憑等に押印して、当社に対して直接間接に権利、義務を発生させるものをいう。

第3条(印章の種類および押印・保管責任者)

会社で使用する印章の種類及び押印保管責任者は、次のとおりとする。

  1. 代表取締役印 経営企画室長
  2. 社印 総務部長
  3. 銀行取引印 経理部長
  4. 部門長印 各部門長

第4条(主管部門)

印章の作製、登録等に関しての主管部門は経営企画室とする。

第5条(印章の規格)

印章を作製する場合の形状、寸法、材質等の規格は、印章別に定めるものとする。

第6条(印章の作製)

印章を新規に作製(改印を含む)しようとする場合は、所定の手続きによって主管部門に申請しなければならない。
2主管部門は、申請内容を確認のうえ、社長の決裁を受けたうえで印章の作製を行なう。

第7条(印章の登録)

経営企画室長は「印章登録簿」を備えて、調製事由、調製日、印章の種類、刻印文字、印影、押印・保管責任者の受領等を登録しなければならない。

第8条(印章の交付)

作製、登録した印章は、当該印章の管理責任者に対して交付する。

第9条(使用範囲)

各印章の使用範囲は、次のとおりとする。

  • 代表取締役印(丸印)
    1. 商業登記、不動産登記の関係書類、その他法令で登録印の使用が定められている書類
    2. 当社株券、印鑑証明書の添付を要する書類
    3. 代表取締役社長名をもってする重要契約書等
  • 社印(角印)
    1. 社長名をもって発行する対外文書に併用
    2. 単独に会社名をもって発行する対外文書
  • 銀行印(丸印)
    1. 手形、小切手その他金融機関との取引等に要する書類で届出印を必要とするもの
  • 部門長印(丸印)
    1. 部長名義をもって発行する対外文書

第10条(登録内容の変更届)

印章管理責任者は、印章登録簿記載内容に変更があった場合は、その内容を直ちに主管部門に届け出なければならない。

第11条(押印手続き)

印章の押印は、定められた手続きに基づいて印章管理責任者が行なうものとする。ただし、印章管理責任者が不在のときは、あらかじめ定められた代行者が押印する。

第12条(印章の廃棄)

使用を中止した印章および改印したことによって不要になった印章は、主管部門に申請して廃棄しなければならない。

第13条(事故処理)

印章管理責任者は、自己の管理する印章に盗難、紛失等の事故が起きたときは、その旨を直ちに主管部門長に連絡しなければならない。
2前項の事故報告を受けた主管部門長は、必要な措置をとるとともに再発防止策を講じるものとする。

附則

この規程は、平成**年**月**日から施行する。